Good Living 友の会

「Good Living 友の会」は、
2018年9月に設立30周年を迎えました。

会員さま専用サイトへ
建築業界が取り組む、働き方改革とは?

2018年春の働き方改革国会を経て、労働基準法の改革が決まりました。
いよいよ国が本腰を入れて動き始めてきています。

皆さんは、働き方改革についてどうお考えですか?

「どうせ国が言っているだけで、どこも真剣に取り組んではいないんでしょ?」 とお考えではないですか?
同じ業界で働く人たちが、今、どんなことを考えているのか…

この夏、LIXILでは工務店・ビルダーさま、リフォーム店さまを対象にアンケートを行いました。
お題はズバリ、

働き方改革の取組み状況

です。

年に2回、その時話題になっているニュースやネタをテーマに行う、
「ワカル×ツナガル 友の会アンケート」
今回、全国各地から、909社の皆さんがご協力くださいました。

Good Living友の会の会員の皆さまは、全てのアンケート結果が閲覧できます。

詳しくはこちら

※会員専用サイトのためID・パスワードが必要です。
不明な方はこちらからご確認できます

さて…
アンケート結果をまとめてみると、3つのポイントが見えてきました。

ここで注目なのは、Point 3の
「生産性の向上」に取り組んでいる先が、特に力を入れている具体策は、
「工事の進捗や図面などの情報共有」「販管費削減による粗利率の改善」です。
皆さん、現場の改革がとても重要と考え進めているようです。

次に注目したいのは、
働き方改革に取り組んでいない企業は、なぜ取り組んでいないのか?

一番多く聞こえてきたのは、
「人員の余裕がない、何に取り組んでいいかわからない」
でした。
スタッフ全員が常にフル稼働していると、新しい方策にも取り組めないのかもしれません。

さて、アンケート結果から、いくつか課題が見えてきました。
一人一人の負担を減らし、効率よく情報共有ができるのか、皆さんお困りではないですか?

LIXILでは、ITを使ったおススメのツールを3つ ご用意しています。

すでに4割を超える企業が、働き方改革に取り組んでいます。
ITを使ったシステムを活用し、取り組んでみてはいかがでしょうか?

まずは お試しから。ぜひ一度ご確認ください。

実は、おススメツールを使っていただいている方から、お話を伺っています。
具体的にどんなことで助かっているのか、何ができるから使いやすいのか…
こちらも覗いてみてください。

ご利用者さまの声 
インタビュー